義歯(入れ歯)


1.義歯(入れ歯)の保険治療と自費治療


義歯(入れ歯)治療は、健康保険内の素材と行程で作る「保険治療」と、健康保険の枠組みから離れた素材を利用できる「自費治療」があります。 またさらに自費治療には「素材で選ぶこと」と「取り付け方で選ぶこと」の2種類があります。
  保険治療では、残念ながら患者さんが選べる選択肢はほとんどありませんが、自費治療では製作に関して患者さんの要望を取り入れることができます。

入れ歯作りに際して患者さんからの要望が多いのは
■なるべく小さく違和感の無いようにしたい
■目立たないよう入れ歯のバネ(金具)を見せたくない
■食事をおいしく食べたい(硬いものも食べられるように)
■丈夫な入れ歯がほしい
■発音しやすくしたい
■口元を若々しくしたい などです。

現在は治療技術の進歩により、患者さんの要望は治療法を選択することによって必ず解決できます。ただ、快適な入れ歯を追い求めるとどうしても保険治療の枠から外れてしまうことも事実です。
  自費治療と保険治療の違いは、洋服を買うときに、好きな生地を選び、身体を全て採寸してピッタリに仕上げてもらう「オーダーメイド」なのか、「既製品」を購入するのかの違いのようなものです。
  入れ歯に限らず、一般的に「オーダーメイド」は「既製品」と比べて高価になりますが、入れ歯の場合は歯科医師と歯科技工士が、患者さんのご要望に合わせた入れ歯作りに掛ける時間の多さが金額に反映されているとお考えください。

2.保険と自費のメリットデメリット


保険治療

メリット

・保険なので安価
・快適さはないが最低限の噛む機能は回復できる
・製作期間が比較的短い
・プラスチック製なので加工や調整がしやすい

デメリット

・素材のプラスチックは水分を吸収するので入れ歯特有のにおいの元になる
・プラスチック製なので噛み合わせの力が強い人の場合壊れやすい
・設計に制限がある
・ある程度の強度を持たせるため床が厚くなり口の中が狭くなる
・床が厚いため熱を伝えにくくなり、食べ物の温度が分かりにくくなる
・使用によって摩耗し、汚れがつきやすく不衛生になりがち
・変形しやすい
・人工歯もプラスチックなのですり減りや変色が必ず起こる
・使用中にたわむので、部分入れ歯の場合は残っている歯に負担が掛かる

自費治療

メリット

・金属床は丈夫なので薄く作ることができ、口の中が狭くならない
 (保険のプラスチック製に比べて3分の1の薄さで作ることができる)
・変形しにくい
・丈夫なので治療が長持ちする
・金属部分が食べ物の温度を瞬時に伝えるので、食事の時おいしさを味わう
  ことができる
・主要部分が金属なので清潔を保てる
・部分入れ歯の場合、固定するためのバネを目立たないようにできる
・ナイロン系樹脂を使った弾力性・強度に富んだ、目立たない入れ歯も可能
・臼歯部に金属を用いた食事のしやすい入れ歯も可能

デメリット

・保険治療に比べ高価
・保険治療に比べ製作に時間が掛かる
  (オーダーメイドのためやむを得ない)


このページのトップへ

3.資料 「入れ歯についてのご案内」


  入れ歯治療について詳しく解説した冊子が
院内待合室と診療室にございます。
ご来院の際はご自由にご覧下さい。
冊子「入れ歯治療のご案内」

「1.保険の入れ歯」へ