矯正治療


1.小児矯正


  • 学校の歯科健診で「歯列不正」「叢生(そうせい)」とコメントされた
  • 永久歯が横から生えてきている
  • 歯列がでこぼこしている(乱ぐい歯)
  • 歯をかみ合わせたとき前歯部分が閉じない(開咬)
  • 出っ歯が気になる
  • 下あごが出ている(受け口)
上顎前突(出っ歯) 開咬 叢生(乱ぐい歯) 反対咬合(受け口)

当クリニックへお子様の矯正の相談にみえる方々は、おおむね上記のような理由でお越しになります。小児矯正は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療」と、歯の位置をきれいに並べ整える「2期治療」の2段階に分かれます。

1期治療は、あごの骨がまだ柔らかくこれから成長していくお子様だからこそできる治療です。年齢的には6~7歳頃からとお考えください。
  前歯が永久歯に生え替わり始めて、乳歯の時にはきれいだった歯並びが「あれ?ちょっとデコボコになってきた?」と変化に気づく時期でもあります。
  1期治療では、主に取り外し式の装置を装着してあごの骨の拡大を行います。この1期治療をきちんと行うことで永久歯が生え揃うスペースを作り、その後の2期治療(歯列をきれいに並べる治療)にスムーズに移行できるようにします。歯並びの土台からきちんと整えられるので、その後の2期治療が必要なくなる場合もありますし、2期治療に進んでも部分的な矯正で済むことが多くなります。また不必要な抜歯をしないで済むことにもつながります。
  なによりあごの骨という土台から整える治療なので、2期治療で歯並びを整える際に治療の完成度が高くなるのも大きなメリットでしょう。

もちろん、すべての歯科矯正が小児期から始めなくてはならないものではありません。永久歯が生え揃い、あごの成長が止まってから治療を開始した方がよい場合もあります。
  しかし遺伝的な歯列不正など、幼児期から予測できるケースに関しては、早いうちから歯科医師の管理下で成長に応じたコントロールを行う方が、結果的に治療期間も費用も少なくて済みます。保護者の方が不安に思われたり、お子様の咬み合わせに関して疑問に思われたら、すぐにご相談下さい。矯正治療前のご相談に関しては無料で承っております。
  歯並びの問題は、時期が早すぎる場合は待てばよいのですが、適切な時期に治療を開始できずにチャンスを逸することのないようご注意ください。


正中離開   また子供によく見られる正中離開(前歯のすき間)の 矯正は、小学1年生頃から可能です。この場合は部分的な歯列矯正治療で対応します。歯並びが気になる場合はぜひ早めにご相談ください。

「2.ホールディングアーチ」へ