矯正治療


6.ムーシールド(受け口・反対咬合治療装置)


 幼児・児童の受け口(反対咬合)を「ムーシールド」というマウスピースを用いて治療します。就寝時プラスアルファの一定時間に装着することによって、お子さんに負担の少ない形で治療が行えます。

  • 3歳児検診で反対咬合の指摘をされたお子さん
  • 親御さんが反対咬合である場合

 かみ合わせの問題は遺伝しやすいので、ご両親のどちらかが反対咬合であるとお子さんも同じかみ合わせになる可能性は高くなります。治療に当たって歯型を採ることができるなど、治療に協力的であれば開始は3歳ぐらいから可能です。

ムーシールド  ムーシールド
反対咬合治療装置のムーシールド ムーシールド

乳歯の反対咬合の場合、永久歯に生え替わるときに治るのでは?という期待を抱きがちですが、大部分の94%の患者さんは反対咬合のまま成長します。成長してから外科手術で治すという選択もありますが、明らかな異常である「反対咬合」という状態から、少しでも早く正常な成長ラインに戻してあげることが重要だと考えています。
  お子さんのかみ合わせでご心配がありましたら、ぜひ早めにご連絡ください。