歯周病治療


1.歯周病治療の流れ


初  診 ・歯周病の急性発作症状(歯肉の腫れ・膿が出る・痛み・出血)がある
・歯が揺れる・歯が抜けそう、抜けた・口臭がある・歯肉の出血
検 査 ① ・歯周ポケットの深さを測定し、歯周病の進行状態を調べる
・X線写真にてあごの骨の状態を調べる
・口腔内写真検査   ・口腔模型採得 など
診断・治療計画の立案
基本治療 ・プラークコントロール(ブラッシング指導)
・歯石除去(縁上歯石・目に見える部分の清掃)
・咬合調整  ・TFix(歯牙固定)
再評価(検査②) ・歯周ポケット4mm以下、プラコン良好、縁下歯石なし→定期検診へ
・歯周ポケット4mm以上、歯牙動揺あり、縁下歯石あり→さらに治療へ
SRP・Pcur ・縁下歯石除去(歯周ポケット内部 歯根面の清掃)
・症状によりレーザー治療を併用
検 査 ③ ・歯周ポケット4mm以下、歯の揺れなし、縁下歯石なし →定期検診へ
・歯周ポケット4mm以上、歯の揺れあり、不良肉芽あり→さらに治療へ
歯周外科治療 ・歯周ポケット掻爬術(ソウハ術)  ・歯周組織再生誘導術(GTR)
・新付着術(ENAP)         ・歯周歯槽粘膜形成術
・歯肉切除術(GEct)
・歯肉剥離掻爬術(FOp)
※ 症状によりこれらの治療を組み合わせて歯牙の保存を目指します
検 査 ④ ・状態が良くなれば定期検診へ
・治りにくいところは集中して処置を繰り返します

このページのトップへ

「2.歯周病セルフチェック」へ