親知らずが痛い・口内にでき物がある・あごが痛い・口が開けにくい

口腔外科について

口腔外科では歯そのものの治療よりも、口の中や顎などの疾患を取り扱います。
むし歯の治療や歯周病などは一般歯科の領域ですが、親知らずの抜歯、口の中のでき物、顔や顎が腫れた、あごが痛くて口が開かない、などは口腔外科での治療になります。
下記のような症状が見られる場合はお早めに受診ください。

このような症状がある方は受診ください

女性

下記のような症状が見られる場合はお早めに受診ください。

親知らず痛い・むし歯・歯ぐきの炎症・歯肉に埋まっている
なかなか生えてこない・乳歯が抜けずに永久歯が生えてきた・乳歯2本がくっついている(癒合歯)
歯に起因する炎症歯ぐきが腫れて痛む・頬や目の方まで腫れている
あご口が開けづらい・口を開けると音がする・口を開けると痛い
口腔内頬の内側など粘膜がただれる・口内炎ができた・小さな潰瘍がある・くちびるや舌に透き通ったできものがありつぶれたりする・口が渇いて話しにくい
舌の下側の筋がつれて動きが悪い(滑舌が悪い)・舌が痛い
外傷転倒して口の中が切れた 歯をぶつけてぐらぐらになったり抜けたりした

その他、全身疾患と関連した口腔症状等については、医科と連携を取ることにより治癒を目指します。

なお、連携大学病院(自治医科大学付属病院等)の歯科は完全紹介制のため、一般のかかりつけ医の紹介状が必要です。

 

https://naiki-dc.com/wp/wp-content/uploads/2022/06/icon_fukidashi_01.png

少しでも痛みを感じたり、違和感がある方はお気軽にご相談ください